1. TOP
  2.  > どんな時に利用する?

バイク便の賢い利用方法

定期便契約のパターンです。メンテナンス関係の企業が数社チキ契約をしています。便数は不定ですが、ほぼ毎日配達があります。連絡が入るとまず拠点へ集荷に行きます。そこから指定場所へ配達に行きます。メンテナンスを行う作業員の方は車でエリア内を廻っておられるので、指定場所で作業員の方と合流して商品を届けます。
チャーターのパターンです。各都府県のバイク便とネットワークがあり、新幹線や飛行機を使って商品を運びます。駅や空港までバイクで運ぶか、現地で受け取るかします。直接他府県まで持っていき、先の空港や駅に地元のバイク便が待機しているので渡して指定場所まで運んでもらいます。アパレル関係のサイズ違い商品や工事現場の材料なんかが多いです。
利点としては、自動車よりも渋滞の影響が少なく、到着時間のズレが少ない事や駐車料金、燃料代も割安で済みます。難点は、荷物の大きさによっては運搬が不可能な場合があります。会社によって、ライダー数など様々なので、チャーター時に即対応してくれる会社なら重宝すると思います。