1. TOP
  2.  > サイズの制限がある

バイク便での荷物サイズオーバー

以前勤務していた会社が、コピー機やプリンターのトナー販売の会社だった。トナーといわれても、ピンと来ない人もいるかもしれないが簡単に言えば印刷するインクのようなものだ。ジェットプリンターがインクで印刷するのに対し、レーザープリンターはトナーを焼き付けて印刷をする。そういった商品なので、トナーの予備を置いていない会社のトナー切れや、予備で置いてあったトナーが運悪く不良品だった場合、印刷に関する業務がすべてとまってしまうことになる。
その場合、一番利用したいのはバイク便なのだが、これに困ったことに、トナーというのは縦長のものがほとんどで、バイク便の荷物サイズにあわないため利用できないことが多々あった。無理矢理縦型に収めるにしても、何らかの事故にあってはしゃれにならないので断られることも少なくなかった。商品のサイズに制限があるのは仕方がないのだが、メーカーなどではトナーを詰めるような荷箱バイクを所持している会社もある。バイク便もそういった特殊サイズのものがあれば助かるのにと、今でも思う。